Please reload

May 17, 2018

「犬のしつけ」という言葉は、実はあまり好きではありません。
人と一緒に生活をしていくために必要なことを犬たちに身につけてもらうために、学習をさせる(行動を変化させる)過程がトレーニングなので、しつけではなく「トレーニング」というのがよいと思います。

お散歩中にリードを引っ張って歩くのを、「引っ張らずに歩いてもらいたい」と思ったら、引っ張らないで歩くというように行動を変化させなければなりません。行動が変化したならば、「引っ張らないで歩く学習をした」という事になります。

行動を変化させるためには、学習理論に基づいてトレー二ングを行っ...

March 18, 2018

前回の記事、Animal Welfare (動物福祉)- Vol.06 では、「Five Freedoms(5つの自由)」について書きましたが、今回はドッグトレーニングにおける「Animal Welfare(動物福祉)」について書きたいと思います。

<Five Freedoms(5つの自由)>
(1)Freedom from Hunger and Thirst - 飢えと渇きからの自由

(2)Freedom from Pain,Injury or Disease - 痛み、負傷、病気からの自由

(3)Freedom from Fear a...

February 21, 2018

フードを使ったトレーニングをする際に、ガツガツと歯を当てて食べにこられると、手が痛くてトレーニングが進みませんので「そっと食べる練習」は、1日分のフード全部を使ってでも、最優先に教えたい事の一つです。

歯が当たった時に「痛い」というと「痛い」と言わないとそっと食べない(「そっと」とも言わない「そっと」と言わないとそっと食べない)という事が起こります。

「どうしたら食べられるのか?」を理解させるためには、「100か0」の学習をさせます。

舌を出してそっと食べたら食べられる=100(ヒャク)、歯が当たったら食べられない=0(ゼロ)

ココちゃんは...

Please reload

May 17, 2018

February 21, 2018

Please reload

Please reload

May 17, 2018

February 21, 2018

Please reload

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
  • Facebook Basic Square
ソーシャルメディア